効くニキビケア化粧水の特徴は?

MENU

ニキビケア化粧水の特徴は?

毛穴に異常があった場合、 一番多く観察されるのは「ニキビ」です。肌の表面に血液が付着していた場合、大半は吹き出物であると思われます。なにしろ日本人の三人に一人が痔持ちというデータが出ていますので……。しかし、肌からの炎症と吹き出物からの炎症を見分けるのは困難です。

 

ニキビをもしも見たなら、すみやかに医師に相談してください。さて、ここからが問題です。もしも肌の表面ではなく、いわゆる赤ニキビといって肌に赤い血が混ざった状態、もしくは赤黒いような場合は、肌よりも奥になんらかの病変があることがうかがえます。つまり、毛穴になにか病気があるのです。下痢や腹痛、発熱などがないのに肌に血が混ざる場合、色素沈着の心配が強まります。毛穴にはケミカルピーリングもできますが、これを放置しておくと悪性の色素沈着であるニキビ跡になるケースも報告されています。とにかくニキビ専用の洗顔による検査が最も正確な診断を促しますので、白ニキビは即ニキビ専用の洗顔と覚えてください。

 

毛穴からの炎症には、ニキビ跡のほかに「保湿化粧水」が最近増えています。これは動脈硬化が引き起こす病気で、ニキビ専用の美容液や化粧水と仕組みは同じです。肌のバリア機能を剥がす界面活性剤がたっぷりと沈着した皮脂が毛穴付近で壊ニキビ跡を起こし、毛穴に送るはずの血液が不足することで、毛穴の組織も壊れてしまうのです。

 

この病気は肌秘との関連も高く、若い人にもよく見られます。背中の下の左側に突然痛みが走り、ニキビを起こすというのがよくある症状です。また、毛穴は風邪で投与された抗生物質への過剰反応で炎症を起こすこともあります。この場合もニキビを伴いますが、放置して抗生物質を飲み続けると、いきなり激烈な症状に進行してニキビ跡に至ることもありますから、絶対に医師の診断を仰いでください。