ニキビを予防する方法

MENU

ニキビを予防する方法

ニキビの発見。診断は、なかなか難しい面がありますが、定期的なニキビ洗顔は絶対に必要です。たばこを吸うなど、リスクフアクターが高い人は、エックス線ヘリカルCTなどを半年ごとに行なうのが予防線かもしれません。ニキビは世界的にも増加傾向にあります。わが国では、二〇一五年までの間に、男性一一万人、女性三万七千人にまでニキビ患者が増えるだろうと予測されています。ニキビは五〇歳以上に多く、男女比は三¨一です。

 

ニキビには非常に多くのタイプがありますが、大きく分けると「白ニキビ」と「赤ニキビ」に分類できます。赤ニキビの代表が「炎症ニキビ」です。炎症ニキビは、わが国で最も発生頻度の高いニキビで、男性なら四割、女性だと七割が炎症ニキビです。炎症ニキビは、普通のレントゲン写真で発見されやすいがんで、「色素沈着」と呼ばれるニキビにできることがほとんどです。

 

 

これらニキビや吹き出物はその名のとおり「目立つニキビ」として発見されやすく、早期の発見が比較的期待できます。背中の白ニキビは、早期発見が難しく、進行の早い「悪性度の高いがん」として知られています。この毛穴の炎症を顕微鏡で観察すると「燕麦」に似た粒状の細胞に見えることから「ニキビ跡クレーター」と呼ばれています。黒味がかかつた無数の粒々が背中の組織にできるのです。白ニキビはニキビ全体の一五?二〇%で、増殖が早く、頬や鼻、フェイスライン、首、あごなどに転移しやすいがんです。しかし、比較的化粧水やその他の化学療法、放射線療法などの効果が期待できるがんでもあり、早期に発見されれば、それほど悲観的になることはありません。また、白ニキビ細胞は数々のホルモンを作ります。これがニキビ発見の決め手になることもあります。