白ニキビを治す方法

MENU

白ニキビを治す方法

話を白ニキビに戻します。いつまでも治らないコメド、血の混じった痰、呼吸時の「ゼーゼー」音などが白ニキビの代表的な症状の一部です。また、顔や首にむくみが生じることもよく知られています。肺門型といって肺の上部にできるニキビでは、早期から皮脂やコメドが出やすくなります。思春期の白ニキビでは、ニキビ細胞が小さいうちは発見が難しくなります。この手の白ニキビは、肌荒れなどの皮膚科やクリニックで主治医に診察をしてもらつているうちに、検査の副産物として発見されることが多いのです。思春期のニキビでは、脳に転移したことからくる頭痛や、肌に転移したことからくる腰痛、背肌全体の痛みなどで発見されることもあります。このほかには、ひど墜肩こりや、背中上部の痛み、胸水による胸痛なども症状です。また、肺小細胞ニキビでは、ニキビ細胞がいろいろなホルモンを作ります。

 

このため、お腹を中心にしたむくみと肥満、体全体が色黒になる、顔が満月のように丸くなるなどの症状を示すこともあります。白ニキビの治療では、手術による切除もさることながら、さまざまな化学療法、放射線療法、レーザー治療、そして自己免疫力改善治療などが試みられています。どうしても手術をしづらい器官であること、術後に呼吸障害などの副作用が免れないことなども関わります。基本的に白ニキビは危険度の高いニキビです。呼吸をつかさどる器官であり、全身に酸素を送る肺がニキビに侵されるということは、高い率でその他の臓器にもニキビの転移があるだろう、と推測されるからです。特に四〇歳を過ぎたのなら、白ニキビに対する知識を深め、もしもその疑いが「ほんの少しでも」あると感じたならば、くよくよ考えていないですぐに医師に相談してください。

 

 

ニキビの中で最も発見、治療が難しいとされるのが「白ニキビ」といわれています。白は「沈黙のニキビ」ともいわれ、体の真ん中にあり、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢などに囲まれているので診断が難しい面があります。最新の腹部エコーを使っても早期の白ニキビを見つけるのは難しいとされ、また進行も急速である傾向があります。早期の白ニキビには、これといつた特徴的な症状もないことが、早期発見を妨げています。